SEO(検索エンジン最適化)について

更新頻度を多く

サイトの更新はどのくらいの頻度で行っていますか?
  • 毎日?
  • 週に一度
  • 月に一度
  • 年に一度
  • 何年も更新していない

 

どうですか?

 

ホームページの目的・内容や自分で更新できるできないなどいろいろな条件があると思いますが、できるだけ更新頻度を多くすることはSEOに効果があります。

 

ホームページの良いところは、新しい情報を簡単に発信できることです。

 

頻繁に更新しているサイトは、検索エンジン(クローラー)の訪れる頻度が増え、常に新しい情報を発信しているサイトという評価をされます。

 

実際にどのくらいの頻度で更新すればいいのか?

 

毎日(1日一回)できれば理想的です。

できなければ週に一度は更新したほうがいいです。

 

新しくページを追加していくことで、内部リンクやキーワードの出現数も増え、効果があがります。

 

あまり難しく考えすぎずに、ブログを書いたり、日常の連絡事項など掲載してみてください。

ネタが無い場合は

ホームページに関係するキーワードで検索して、ニュースなどを見つけてください。

その記事やNEWSを自分の言葉で紹介したり解説(コメント)する。

サイトのコンセプトと多少外れた内容でも、更新をしないよりは効果があります。

 

新しいページを追加することが難しければ、既存ページの修正(文章、写真の追加)をしていきましょう。

 

日常業務に追われ、大変でもできるだけ多く更新するようにしましょう!

 

そうすれば自然とリピーターも増えてくるはずです。

 

常に新しい情報を発信し続けること・・・成功するホームページの第一歩かもしれません。

 

ドメインは長く使う

 

ドメインの使用期間も検索エンジンの評価に関係しています。

 

長い間使用しているドメインのほうが、評価がが高くなります。(信用が増します)

 

よほどのことがない限り、ドメインを変更することはおススメできません。

(社名が変わる、商品が生産中止になるなどの場合は除きます)

 

ドメインの取得は早いもの順です。誰かがすでに取得しているものは、どんなドメインでも取得できません。

●いずれはホームページを作ろうと思っている。

●今ホームページを作っている。

●「○○○」という商品を開発中で、商品紹介のサイトを開設予定している。

このような場合は、早めにドメインを取得しておいたほうが良いでしょう。

 

理由は、検索エンジンにサイトを登録してもすぐには、検索結果に反映されるまでに時間がかかりますし、取得してすぐのドメインでは、どんなに検索エンジン対策を行っても、上位表示されることはまずありません。

 

予定が決まった時点でドメインを取得し、そのドメインのindex.htmlファイルをサーバーにアップロードしておきましょう。

(内容のないページでもかまいません。タイトルだけでも入れておけばOKです。)

 

年間に何千円もするものではありません。数百円から取得できます。(ドメインによります)

 

最後にサイトの登録ページを紹介しておきます。

 

当事務所でホームページを作成されたお客様のサイトの登録は無料で行っております。

内部リンクの充実

外部リンクと同様に、サイト内のページ間にリンクを張ることも重要です。

 

主な方法は、

グローバルナビゲーション

ホームページのメインのメニューボタンです。テンプレートを利用し、すべてのページに設置します。

フッターのテキストリンク

ホームページの一番下にあるテキストのリンクボタンです。

アンカーテキスト

本文中の文字(キーワード)や画像から他のページへリンクを張ります。

サブメニュー

グローバルナビゲーション内のコンテンツのメニューです。

パンくずリスト

今自分がホームページ内のどのページをみているかを表示します。

それぞれ他のページへのリンクが張られています。

 

ホームページ内部リンクの例

 

内部リンクを張る際に注意することは、アンカーテキストにはできるだけキーワードを入れること。

そして画像には、必ずキーワードを入れたalt属性で代替テキストを入れておくことです。

例えば、「ここから⇒」のような表現をアンカーテキストにしても、あまり効果がありません。

「ホームページの問い合わせは、ここから⇒」

というようにキーワードを入れましょう。

 

ホームページ内のあらゆるテキストや画像から、いろいろなページへリンクが張ってあれば、ユーザビリティーも向上しますので効果倍増です。

 

キーワードの選び方

ホームページのSEOで、キーワードの選定は非常に重要です。

 

どんなキーワードで検索してもらって自分のホームページに訪問してほしいのか?

どのキーワードで、検索結果の上位に掲載されたいのか?

 

そのキーワードを決めることから検索エンジン対策は始まります。

 

キーワードはサイトのタイトルやページの見出し等に入れます。

検索エンジンにサイトのテーマを伝え、検索結果に反映されてきます。

「キーワード=サイトの内容」と判断するのではないでしょうか。

 

では、実際にどのようにしてキーワードを選択して決定するば良いのか?

例えば『ホームページ制作』で検索してみると

Yahoo!:182,000,000件

Google:24,700,000件

すごい数のサイトが検索結果として表示されます。

これでは、1ページ目(10位)までに掲載されることは至難の業です

実際に検索する人がどのようなキーワードで探すかを考えましょう!

訪問者のほとんどの人は、複数のキーワードを組み合わせて検索します。

いろいろなパターンを考えて、キーワードを考えてみると、検索結果の少ないキーワードが見つかり、上位表示される確立が高くなります。

店舗の場合は地名や駅名を入れてみる

「神奈川 ホームページ制作」「ホームページ作成 川崎」

関連した別のキーワードを組み合わせる

「格安 ホームページ作成」「激安 ホームページ制作」「ホームページ SEO」

言葉の呼び方や書き方を変えてみる

「WEB」「HP」「ほーむぺーじ」「HOMEPAGE」

「製作」「作成」「作る」「開設」などにも置き換えができます。

自分で考えるだけでなく、業種・業界の違う人に聞いてみるのも良いと思います。

意外なキーワードがでてくる可能性もありますよ!

 

集客したいキーワードが見つかったら、実際に検索してみて、できるだけ検索結果件数の少ないスモールキーワードを探して見ましょう!

上位表示されれば、訪問確率もぐ~んとあがります。

 

 

キーワードアドバイスツールを使って、自分のホームページにピッタリなキーワードを見つけてください。

 

キーワードアドバイスツールプラス

本文中のキーワードを強調

本文中のキーワードを<strong>や<em>タグで強調することで、検索エンジンに重要なキーワードだということを認識してもらえます。

 

多くのキーワードを強調してしまう、強調の意味がありませんので、絞って行いましょう。

検索してもらいたいキーワードを2~3個くらいでしょうか。

決めたキーワードはすべて強調するようにしましょう。

 

例えば、当事務所の場合は、「ホームページ制作」「神奈川県川崎」などです。

 

この場合、<b>タグでも太字になりますが、<strong>か<em>タグを使うほうが有効です。

記述の方法は、

<strong>ホームページ制作</strong>

<em>神奈川県川崎</em>

こんな感じです。

画像には代替テキスト

ホームページをつくる要素は、文章(テキスト)、写真(画像)、イラスト、Flashなどが主なものです。

 

写真やイラストをホームページ内にうまく配置していくことで、見やすいHPが出来上がります。

 

しかし、写真やイラストをホームページに掲載しても、それだけでは検索エンジンは理解してくれません。

画像やイラストがあることは理解できますが、その画像が風景なのか動物や人なのかそれともイラストなのかも判断できません。

 

これでは、せっかくホームページのテーマにあった画像やイラストを見やすく掲載していても検索エンジン対策としては全く意味がありません。

 

そこで画像やイラストなどを掲載するときは alt属性(代替テキスト)を必ず入れるようにしましょう。

alt属性に画像やイラストの内容を入れておくことで、検索エンジンは、それが何に関連している画像なのかを理解できるようになります。

 

また、ホームページの読込みに時間がかかっているときや画像ファイルが壊れているときは、この代替テキストが表示されようになっているので、できるだけ記入しておきましょう。

alt属性に入れるテキストについて

1.内容は写真やイラストの簡単な説明を入れます。できるだけページ内に記述してある内容に関連したキーワードを含めましょう。

2.ページのタイトルや見出しに直接関係する画像やイラストには、その文章をそのまま記述しましょう。

3.SEOを意識しすぎてキーワードを並べすぎたり、関係のない内容を記述することはやめましょう。

4.ページ内にキーワードが多く出てくるように、画像やイラストの説明を記述するようにしましょう。

記述の方法は、

<img src="/img/aiberg_logo.jpg" alt="神奈川県川崎市のホームページ制作事務所 アイバーグ" />

こんな感じです。

 

alt属性が入っているかの確認方法は、ホームページ上で画像やイラストの上で右クリックをして、画像のプロパティーや画像の情報を表示を選択すると、代替テキストに記載されている内容がわかります。

 

ホームページで確認をして、記載がなければ入れるように改善しましょう。

 

代替テキストを入れることでキーワードの出現頻度が大きく変わってきます。

細かいことですがSEOの重要な要素の一つです。

 

<TITLE>タグ

検索エンジンが最も重要視しているのが<TITLE>タグ内のキーワードです。

なぜ<TITLE>タグが重要なのか?

1.タイトルはそのホームページの全体の内容を表す

2.検索結果の見出しとして表示される

3.ブラウザの一番上(タイトルバー)に表示される

例えば、自分が書店で本を探しているときに、何を一番最初に見て手に取りますか?

ホームページのタイトルも本のタイトルと一緒です。

 

ホームページで検索エンジンを利用するユーザーも一緒です。

まずは、検索結果に出ているタイトルを見てサイトを訪問(クリック)します。

 

タイトルに何もキーワードがなければ関係のないサイトと判断しクリックはしないでしょう。

検索エンジンも一緒で、一番に<TITLE>を読み、ホームページ内のコンテンツ全体を把握します。

 

では、具体的にどのようなタイトルをつけるのが良いのか・・・?

●ページごとに内容を簡潔に表現したタイトルを入れる

●キーワードは、必ず入れる(1~2個)

●特に重要なキーワードは<TITLE>の前(先頭)に持ってくる。

●ホームページ全体に共通しているキーワードをすべてのページタイトルに入れる。(サイトテーマの統一性)

<TITLE>タグを確認して、わかりにくいタイトルだったり、キーワードが入っていなかったりするようなら、自分(自社)のサイトの内容をわかりやすく伝えるタイトルに変更してみましょう!

 

ホームページのタイトルの確認方法

 

ホームページの<title>タグの説明

 

ホームページを開き、枠外で右クリック⇒ページのソースを表示を選択すると、開いているページのHTMLソースを見ることができます。

ちなみにこのサイトのタイトルは

ホームページ制作のアイバーグ|神奈川-川崎・横浜の格安ホームページ作成

キーワードは

ホームページ制作、格安ホームページ作成、神奈川、川崎、横浜

ほとんどキーワードを並べてタイトルにしています。

とは言っても、あまりキーワードばかりを並べてしまい意味がわからないタイトルでは意味がありません。

 

あくまでも目標は、検索した人が訪問してしてくれることです。

興味を持ってもらえるようなわかりやすく魅力的なタイトルをつけましょう。

 

神奈川県川崎市のホームページ制作 アイバーグ

わかりやすい文章

検索エンジンに自分のホームページのテーマ、商品、情報などをわかりやすく伝えることで、このホームページは、あるテーマについて有益な情報を発信していると判断し、関連するキーワードで検索した際に上位に表示されるようになります。

 

具体的には・・・

1.サイト全体が何について書かれているか(テーマ)を明確に記述する。

2.タイトルタグ<h1>~<h4>(見出し)などに必ず関連キーワードを入れて、重要な情報であるということを理解させる。

3.テーマに関連するキーワードを、各ページの文章に記述する。

4.できるだけ伝えたい内容、キーワードを最初の一文に入れる。(何を伝えたいかを最初に理解させる)

 

文章の基本は、学校の国語の時間に勉強した”起承転結”と一緒です。(結論を先に書いたほうが良いかもしれません。)

 

人間が理解しやすい文章は、検索エンジンにも理解されやすい!

 

ということです。

 

伝えたいということを簡潔にわかりやすく、だらだら書かない。

段落をきちんと、伝えたいことは箇条書きなどをうまく使ってホームページに記述する。

 

どうしても長く書こうと思うと、いろいろ書いてしまうが、余計なことは書かずに伝えたいことを明確に記述しましょう!

 

と書きながら、自分に言い聞かせ反省しています・・・

 

神奈川県川崎市のホームページ制作 アイバーグ

神奈川県川崎市でホームページ制作・作成のご相談・お見積もりは無料です。お気軽にお問い合わせください。